一般社団法人 浄水器協会



2015年7月、浄水器のJIS規格(日本工業規格)が正式に公示されました。浄水器は今後この規格のもとで製造販売されることになります。

浄水器協会は、かねてより消費者の信頼確立のため、浄水器の規格を自主規格として整備してまいりましたが、今般、経済産業省の指導の下、日本規格協会、専門家各位、消費者委員各位の助言を得て、浄水器の規格を公的な規格であるJIS規格(日本工業規格)として確立させました。

あわせてその浄水器が、景品表示法、特定商取引法、家庭用品品質表示法など、消費者保護法令に準拠した表示表現を行っているかなどのコンプライアンスを審査して、「浄水器適合マーク制度」を再編成し、浄水器を消費者にとって本当に安全でおいしい水を確保するための工業製品として確立してまいります。

−更なる品質の向上と消費者の信頼確保に向けて−

平成27年7月21日

家庭用浄水器(※)として必要な品質(浄水能力、耐圧性能、耐久性能など)、各試験方法などを規定したJIS S3241(ミズヨイ)を制定しました。これにより、家庭用浄水器の更なる品質の向上や消費者が正しく商品選択することが可能となり、消費者利益の確保が期待されます。

※ろ材を用いて水道水中の溶存物質、濁りなどを減少させる機能をもつ水処理器具

1.規格制定の目的・背景

家庭用浄水器は、水道水が臭うなどの苦情が多発していたことを受け、1960年代から広く使用されるようになってきました。その後、生活環境の変化とともに水への志向も変化したこと、また、世界的な飲用水の危機がけん(喧)伝され、浄水器への要求が多様になってきたことから、家庭用浄水器の製品規格として必要な品質を定めたJISを制定しました。

2.主な規定内容

適用範囲、種類、浄水能力(対象物質は遊離残留塩素、濁り、揮発性有機化合物、かび臭、溶解性鉛など13物質、その内、遊離残留塩素は必須です。)、耐圧性能、逆流防止性能、操作性能、耐久性能、各試験方法、表示事項などを規定しました。

ただし、逆浸透膜浄水器、水栓一体形浄水器などは、JIS S3241の対象外です。

【担当】 経済産業省 産業技術環境局 国際標準課
(03-3501-9277、内線 3423〜3425)
  (課長)福田 泰和(補佐)永田 邦博(係長)山城 丈
    経済産業省 商務情報政策局 日用品室
  (室長)高橋 政義(補佐)山本 克己、関澤 和広

JWPA NEWS

適合マーク商品について

浄水器協会では、浄水器各商品が、景品表示法、特定商取引法、家庭用品品質表示法など消費者保護法令に準拠した表示表現を行っているかなどのコンプライアンスを審査して、「浄水器適合マーク制度」を実施してまいりましたが、この制度についても逆浸透膜家庭用浄水器、浄水シャワーを含めて再編成を進めてまいります。

適合マーク商品のご案内

image
image

浄水器ってどんなもの?

浄水シャワーってどんなもの?

水についてのミニ知識

浄水器・浄水シャワー「商品のご案内」

■■浄水器・浄水シャワー調査結果■■
「2013年浄水器普及状況調査」では、全国37.7%のご家庭で浄水器を使用していることが分かりました。 →調査結果ページはこちら

image

●浄水器に関する悪質商法へのご注意

 ※水道水へ放射性物質が混入した事故によせて、浄水器の性能に関して誇大表示を行ったり、科学的なデータなしに効果効能をうたう浄水器が出てきているとの情報があります。消費者の皆様は内容をよくご確認のうえ購入されますよう、お願いいたします。

  浄水器協会会員用ページ  →浄水器協会会員(加盟会社)専用のページです