環境ガイドライン
〜 環境基本方針 〜

私たちは浄水器を通じて「安全で安心な水」を世界中の人々に永続的にお届けすることを目指して、水資源の枯渇防止や有効活用などの環境対策について取り組んでまいります。

浄水器協会は、2022年の創立50周年を迎えるにあたり、これからの持続可能な社会の実現に向かって貢献を続けていく意思を表明するために環境基本方針を策定し”環境宣言”として発信したいと考えます。

今後、具体的な行動計画についても策定し、活動を進めてまいります。

環境基本方針 
環境宣言
 

浄水器協会は浄水器事業に係わる活動において、法人・企業としての社会的責任を遂行するとともに、この地球が健全で持続可能であり続けるために環境の維持向上に万全の配慮と不断の努力を行う。

環境行動指針
 

私達は、持続可能な社会の実現を目指し、環境価値の創出を通じた事業発展に取り組みます。そのために、協会活動・事業活動を通じて環境課題の改善を進めると共に、社会の人々から共感を得て、環境取組みを拡大します。

(1)検討を進める環境課題
 
・浄水器に係わる協会活動・事業活動を通じてCO2削減
・循環型社会実現への追求を通じて、資源の有効活用
・事業活動において効率的な水の利用と水資源の保全
・事業活動において化学物質による人や環境への影響削減
・事業活動において生物多様性への配慮とその保全
(2)社会との共感を通じた取組み
 
・私達はお客様の環境価値を創出する活動に取り組みます。
・私達は環境貢献活動を拡大します。
・私達は社会とのコミュニケーションを深め、協力して環境課題へ取組みます。